住まいを守る外壁塗装

建物は一年中直射日光を受け、紫外線や酸性雨などにさらされています。
年月が経つと木材やコンクリート等、建物に使われている物の老朽化と腐食が進み、建物自体と住環境にも悪影響を及ぼします。
建物の腐食や老朽化を防ぐ役割をしているのが塗装です。

塗装の効果

塗装の効果

塗装・塗り替えが必要かどうかは比較的簡単に分かります。

  • 手で触れると白い粉がつく
  • カビや藻が発生している

  • ひびが入っている
  • 塗装膜が膨れている・剥がれている

これらの症状がある時は塗装・塗り替えのタイミングです。
屋根や外壁の塗装・塗り替えを施すことにより、建物自体を保護するとともに、美しい景観を保つことができます。
また、光触媒塗料や遮熱塗料を使うことにより、プラスαの塗装効果が得られます。

塗料のご紹介

自然塗料

自然塗料はドイツメーカーを主に、自然界にある成分を基準にした塗料で、その成分である樹脂や顔料、添加剤や溶剤成分の組み合わせによって多くの製品があります。

日本にも自然塗料は古くから使われており、渋柿や漆といった物があります。 最近では塗料の化学技術の向上の反面、シックハウス症候群や化学物質過敏症などが起こり、室内環境の改善として自然塗料が注目され始めています。

自然塗料で有名なメーカーとしてはOSMO(オスモ)があり、オスモカラーとして多くの方に選ばれている塗料です。
内装だけでなく、幼児向けの玩具や遊具の塗装にも使われていて、ホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれていないという特徴があります。また、優れた撥水性があり、水やジュース等をこぼしてもシミになりません。浸透性にも優れており、木材が呼吸ができ、塗装のめくれや剥がれが起こりません。

その他の塗料と比べ、少ない量で広い面積を塗装することができるのでコスト面でも優れた塗料と言えます。

遮熱塗料・外断熱塗料

遮熱塗料の特徴は、太陽からの赤外線を反射するというのが最大の特徴です。
これにより屋根の温度を下げ、夏の暑い日でも室内の温度上昇を抑えることができ、快適な空間をつくります。このことから、エアコンの設定温度を緩和できるので、少エネルギー・CO2削減にも繋がります。

現在温暖化防止・ヒートアイランド対策としてビルやマンションの屋上緑化運動が行われていますが、一般住宅では不向きとされています。そこでこの遮熱塗料塗装を行い、屋上緑化と同じような効果を得ることが期待されている今注目の塗料です。

当社が扱うのは日本ペイントのTHERMO-EYE(サーモアイ)という遮熱塗料です。 サーモアイシリーズでは、耐久性の事なる上塗り塗料からスレート屋根用の下塗り塗料、金属屋根用の塗料とニーズに合わせて幅広い種類がご用意可能です。 屋根部分はもちろん玄関先や屋上のコンクリートテラスにも塗装が可能なので、小さなお子様が裸足で遊んだり、ペットを飼っているご家庭や、観葉植物を飾っている場合にも有効な塗料です。

ページの先頭へ戻る